読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとしずく

シンプルな暮らし 日々の小さな「ひとしずく」をつづります。

台布巾

 

こんにちは!

暑くなった、松山です。

 

私はずっと「台布巾」に悩んできました。

 

皆さんはどのような台布巾をお使いでしょうか?

綿?麻?不織布?

白雪ふきんみたいな、名の知れたやつでしょうか?

 

私も様々な種類のものを使ってきたのですが、「コレだ!!!」というものに、出会えずにいました。

 

汚れた台布巾は、臭います。

当然漂白しますが、これを繰り返すと布はボロボロになるし、うっかり長く漬け込み過ぎると、布が変にキシむ・・というか、質感に変化が出て、嫌だったんです。

 

むろん、ズボラな私が毎日煮沸消毒などする訳もなく・・

 

汚く汚れ、臭くなるとポイする!というのが、通例でした。

 

私にとって、最高の台布巾はないのか!?

 

ありました~⤴

 


f:id:soyokaze0128:20170529173409j:image

 

不織布の使い捨てダスターです。

 

よく、フードコートなどに台布巾としておいてある、アレ!です。

 

なるべくシンプルな、落ち着いた色味を探していたところ、同じように台布巾問題に悩んでいた別のブロガーさんが、無印良品から出ていることを紹介していて、私も購入しました。

店舗販売ではないらしく、ASKULさんで注文しました。

 


f:id:soyokaze0128:20170529174311j:image

 

落ち着いた感じが、良い!!!

 

使ってみて、やはり水切れがすごく良いので、広げておけば、あっという間に乾きます!おかげで繰り返し使っても、臭いが出ません。

薄いから醤油やケチャップなどを拭いても、水ですすげば汚れ落ちもよく、シミになることもありません。

 

貧乏性の私は本来の一枚を、更に半分に切り、1回分として使っています。

 

1週間でポイしようかと思っていたのですが、まだ使えそうなので、もう少し頑張ってもらおうかな🎵

 


f:id:soyokaze0128:20170529174934j:image

 

夕日をあびる、台布巾(笑)

 

とうとう漂白も煮沸消毒も必要ない台布巾に出会えました!

漂白剤を買う必要もなし!

 

同じものをお使いの方もいらっしゃるでしょう。

いいですね🎵コレ🎵

 

 

 

 

 

 

 

魔法の音楽

 

今日は天気も良く、爽やか!

新しく購入した本を、外で読みたい気分になり、大好きな考古館へ。

 


f:id:soyokaze0128:20170526123713j:image

 

桜の季節にもお届けした景色ですが、もうすっかり新緑!

 


f:id:soyokaze0128:20170526123807j:image

 

木洩れ日が美しくしい。

 


f:id:soyokaze0128:20170526123836j:image

 

桜の木には、さくらんぼ🍒が~~~⤴

かわいい!

 

本を読みに来たのに、あんまり緑が美しくて、まるで瞑想してるみたいにボーっとしてしまいました(笑)

 


f:id:soyokaze0128:20170526124120j:image

 

今日はラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」を聞きながら、午前中いっぱいここで過ごしました。

 

クラシック音楽って、昔の私には睡眠薬で、聞き始めると「マジか?!」というくらい、すぐに眠りに落ちてしまう、魔法の音楽でした(笑)

 

しかし最近はようやく眠りに落ちないで、最後まで聞けるようになりました。

 

特に美しい景色を眺める際には、歌詞がないクラシック音楽が最適で、元々ある美しさを更に膨らませてくれるような・・そんな作用を感じます。

 

残念ながらまだまだクラシック音楽初心者🔰で、これといったお薦めはできませんが、今日聞いてた音楽は、少し淋しげで、それでいて慈愛に満ちた感じがすごく素敵で、お気に入りです。

 

皆さんにもお気に入りの音楽があるんでしょうね🎵

 

行く場所や、気分、一緒にいる人、時間帯・・様々なシチュエーションに合わせた音楽があると楽しいですね。

 

今日は皆さんと綺麗な景色がシェアできて良かった。

少しでも癒されて頂ければ、幸いです。

 


f:id:soyokaze0128:20170526130504j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風にまかせて

 

こんにちは!

昼を過ぎたあたりから、薄日がさしてきた松山。これからはしばらく、天気の良い日が続くようです。

雨はおあずけ。

 

タンポポは、花が咲いたあと綿毛ができますよね。

その際、花だったときより、高く茎を伸ばして綿毛をつけるんだそうです。

 


f:id:soyokaze0128:20170525165136j:image

 

確かに~~~。

花の茎より、綿毛の茎の方が長い!

小さい頃からずっと身近にあった花なのに、全然知らなかった。

 

理由はもちろん、少しでも遠くへ綿毛を飛ばすため。茎が長いと、風にあたりやすいですからね。

 

植物の生殖活動は、本当に「自然」まかせ。

風だったり、雨だったり、日光だったり。

はたまた昆虫に運んでもらったり。

 

基本的に植物は、今生きてる場所から動くことができないから、「自然」や「自然に生きる他者」に、次の命を託す必要がある。

 

方法としては、とても不安定で不確実なはずだけど、その個体の最大限の工夫と進化と、適応力で、頑張って生きている。

 

人間も、たまには良いかも知れませんね。

そういう生き方。

 

人間は、欲しがりますね。

今よりたくさんのハッピーがほしい。

運がほしい。

愛がほしい。

もっと良い環境がほしい。

お金がほしい。

理由がほしい。

納得がほしい。

名誉がほしい。

地位がほしい。

ほしい。ほしい。ほしい・・。

 

欲しいを達成するために、あちこち動き回って、策を練って。

欲しい人は、たえず動き回っている。

 

 禅の言葉に「閑座」というものがあります。

 

ただ静かに座る・・そんな意味です。

 

たまには欲しがるのをやめて、静かに座ってみる。

すると、本当に必要なものだけが浮かび上がるかもしれませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の名前

 

今日は朝から雨になりました。

煩わしく感じる方も多いかもしれませんが、私は昔から雨が好きなんです。

最初に雨好きを認知したのは、夏に降る夕立。私が子供が頃は、決まって夕方になると、ザッと一雨あったものです。

 

遊んでいる最中に突然降りだす雨を、建物の軒下でやり過ごし、あがったらまた遊びを再開する。

夕立を見ていると、少し遊び疲れた体が、また潤い、新しい活力を得るような感じがして、子供心に「キレイだな」と思っていました。

 

雨好きが高じてこんな本まで購入!

 


f:id:soyokaze0128:20170524124015j:image

 

2001年に発刊されたんですが、出てすぐに購入しました。

 

季節毎にあるたくさんの「雨の名前」。

雨にまつわる小話など。

それはそれは充実の内容!

 


f:id:soyokaze0128:20170524124324j:image

 

空から落ちてくる「雨」は、いつでも同じ「水」です。

それなのに人は、降る季節や時間帯、その強弱や、暦などに当てはめ、細かく名前をつけています。

「雨」と「人」との距離の近さを感じます。

 

日本人は昔から自然を神と崇めてきました。

「雨」は恵み。

「雨」も神だったのでしょう。

 

時に猛威を奮い、人々を危険にさらすこともある「雨」ですが、たまにはその音に耳を傾け、雫の優しさに触れてみてはどうでしょう?

 


f:id:soyokaze0128:20170524125604j:image

 

 

 

 

 

 

 

ようこそ!観葉植物さん!

 

今日も快晴、松山!

夕方になり、爽やかな風が心地よい~~

 

さて、先週金曜日に観葉植物を買いました!

 


f:id:soyokaze0128:20170523172450j:image

 

とてもポピュラーですが、モンステラ

葉の形がキュートで好きなんです。

 

たかが観葉植物をなぜ、今回のテーマにしたか!

実は!!うちは今まで観葉植物を置きたくても、置けなかったのです。

 

その要因はハンデっ子ララ。

ララには「異食」という問題行動があります。(もちろん、今もです)

 

「異食」とは要するに、「食べ物じゃないものまで食べる」行為のこと。

 

1歳~2歳くらいの子供って、何でも口に入れますよね。誤飲の危険が一番高い頃でしょう。

うちのララは、そんな1歳~みられる「何でも口に入れる」行為が、ずっと続いています。しかも口に入れるものも、こちらの想像をはるかに越えているんです。

 

とにかく何でも食べる!味覚異常があるから、普通なら「うぇぇ~~~」と、吐き出すようなものでも、へっちゃら!

 

土でも、肥料でも、葉っぱや花でも・・。

クレヨンでも、消しゴムでも、紙でも・・。

まぁ、書き上げていたらキリがないです(笑)

 

そんな訳ですから、観葉植物なんてとんでもなかった!

ならば!   切り花はどうかとチャレンジしましたが、ある時、花をどけて花瓶の中の水をゴクゴク飲んでて、私・・倒れそうでした。

 

大好きな植物も、可愛い雑貨も、壊されるか食用になってしまう・・。

私は自分の暮らす家でさえ、好きに楽しめないのか!?・・と、ずいぶんストレスがたまったこともありましたが、今はシンプルライフにハマってますから、大丈夫!

 

むしろシンプルライフになるきっかけを、ララがつくってくれたと、思ってます❤

 

 

シンプル、ミニマムを生活の軸に掲げても、私は自分の心が欲するものは取り入れたい!

「植物」は、その最たるものでした。

 

 

小学生になったあたりから、花や葉をむしったりしなくなりました。

花は、「愛でて楽しむもの」ということが、ようやく理解できたようです。

 

正しく理解ができたものは、用途がハッキリします。すると口に入れる頻度が、グッと減ります。(油断は禁物ですが)

 

時間はかかりますが、問題行動も少しは改善していきます。もちろん、完全になくなることはないでしょうが、危険なものや、具合が悪くなるようなものさえ飲み込まなければ、人生的にはOKです。

 

我が家にやってきたモンステラさん!

きっと大丈夫です!

末永くヨロシク!

 

 

 

 

 

机の上をシンプルに

 

こんにちは!

 

ハンデっ子ママのサークルで作成することになった情報誌。

 

毎日パソコンとにらめっこしたり、本から画像や言葉を引用したり・・

 

そうすると、机の上がこんなことになります。


f:id:soyokaze0128:20170522121115j:image

 

よく使う本は、いちいち片付けるのが面倒くさく、出しっぱなしにしてしまう。

私的には美しくない。

 

そもそも表紙がすごくお洒落だと、出し方ひとつで良い感じになる場合もあるのですが、今私が必要としている本たちは、あまりお洒落とは言えず・・


f:id:soyokaze0128:20170522121427j:image

 

まぁ、ノウハウを教えてくれる本は、だいたいこんな感じですよ(笑)

 

表紙がガチャガチャしていると、よけい散らかって見えるので、私の好きな「白」に統一することにしました。



f:id:soyokaze0128:20170522121617j:image

白画用紙をチョキチョキ✂

ブックカバーに✴

そして、スタンプで作者名をポンポン!


f:id:soyokaze0128:20170522121745j:image

 

読み尽くしてる本ばかりですから、全部のタイトルを入れる必要はないです。

目印程度のスタンプで上等。

 

余すことなく画用紙を使いきりたいので、残った画用紙は繋ぎ合わせて、更にブックカバーを作る。

その際、繋ぎ目はマスキングテープで飾ったりしたら、ちょっと良い感じ~⤴


f:id:soyokaze0128:20170522122203j:image

 

どうでしょ?

机の上、スッキリした気がしませんか?


f:id:soyokaze0128:20170522122252j:image

色味を統一したり、質感が同じもので統一するだけで、随分雰囲気が良くなりますね🎵


f:id:soyokaze0128:20170522122350j:image

 

出しっぱなしでも、イライラしない景色になりました(笑)

 

お金もかけず、新たな収納ボックスなども買わず、工夫でシンプル、ミニマムライフを楽しみたいです!

 

 

 

 

 

 

「ただ、そばにいる・・」子育て

 

おはようございます~~

今日は暑くなりそうな、松山です。

 

昨日は母の誕生日でした。63歳になりました。

 

母は若い頃体が弱く、私を出産した後も、入院と退院を繰り返していました。

私は祖父母や親戚に預けられ、さみしい思いをしていたようです。

その後弟が生まれ、それを境に徐々に母の体調も良くなってきました。

 

それでも、年に何度も体調を崩し、寝込む母を見ては、「お母さんが死んじゃったらどうしよう!」と、不安で不安で仕方ありませんでした。

 

だから還暦を過ぎ、孫の顔を見るまで生きてくれている母に対しては、嬉しい気持ちしかありません。

 

 母親は、お日さまです。

家族を明るく照らし、家族の心の温度を、ほんのちょっと上げて、ほんわかしてくれる。

母親は、それだけでいいんです!!

 

子育ての研究を長年している教授が、「母親なんて、犬のお母さんみたいに、ただそばにいて、見守ってるだけでいいんだよ。それだけで、子供は幸せなんだよ。」と仰っていました。

 

私もそう思います。

ただ生きて、そばにいてくれるだけで、本当に幸せなんです。子供は。

 

だから、色々な事情で「子供に寂しい思いをさせている」とか、「子供に十分なことができていない」とか、悩む母親って多いですが、悩まなくて大丈夫!

 

そばにいてあげてね。

そして、微笑みをたやさないないで。

 

子供が成長して大人になったとき、懐かしく思い出す母親の姿は、ありふれた日常の、何気ない景色なんです。

 

f:id:soyokaze0128:20170519101035j:image