ひとしずく

シンプルな暮らし 日々の小さな「ひとしずく」をつづります。

洗濯物は、高く、高~~~く!

 

こんにちは!

松山市は昨夜から雨でしたが、今はやんで少しムシムシします。

 

この雨を皮切りに、梅雨本番になるようです。

 

雨続きで困るのは、洗濯物だと思います。

この時期になると、情報番組でも洗濯物を取り上げることが多いですね。

 

私は断捨離した際、本棚のような比較的大型の家具も、全て処分しました。

もともと建てた際に備え付けられていた収納スペースだけで、今は生活できています。

 

以前から私は、室内干しや、それに使う洗濯用品が好きではありませんでした。


f:id:soyokaze0128:20170621124003j:image

 こういう感じの!

すごく使いやすいし、たくさん干せるし、便利なんですけど、場所を取る。

 

家の中の片付けが大体出来上がったとき、1番考えたのが「室内の干場をつくる」こと!

 

目をつけたのが、二階。

まず1ヶ所目・・

廊下突き当たりにある、ビミョーな空きスペース。

そして2ヶ所目・・

二畳ほどの納戸。

この2つのスペースに、室内干しをすることにしました。

 

廊下の突き当たりには、洗濯用品を設置。
f:id:soyokaze0128:20170621120206j:image

もともと持っていたルームランドリースタンド。いらない部分を取り外し、なんとか幅をタイトにしてはめ込みました。

ランドリースタンドが、空きスペースにピッタリ収まり、洗濯物を干しても圧迫感なく、廊下を歩く際にも邪魔になりません。


f:id:soyokaze0128:20170621121013j:image

 

次に、納戸。

もちろんたくさん物がありましたが、全て撤去したのでスッキリ。

あるのは、夫から捨てないよう言われている大量のCDが入った3段BOXと、机のみ。


f:id:soyokaze0128:20170621121234j:image

 

そこへ、突っ張り棒を渡しました。


f:id:soyokaze0128:20170621121514j:image
f:id:soyokaze0128:20170621121528j:image

 

窓枠~ドア枠へ。


f:id:soyokaze0128:20170621121606j:image

 

洗濯物は重たいですから、突っ張り棒の力だけでは、維持できません。

うちは窓枠とドア枠が同じ高さでしたから、その枠に乗せる感じで設置。

 

 

すると、「高い」のです。

私は身長154センチ。バスタオルなどは、踏み台にのらないと干せません。

なので干し方も変えました。

以前はぶら下がっている洗濯用品に、1枚1枚洗濯物を干していましたが、それではいちいち踏み台を上り下りしなくてはならず、面倒臭い!!

 


f:id:soyokaze0128:20170621122235j:image

クリーニングした後についてくる無料ハンガーに、全ての洗濯物を通しておく。


f:id:soyokaze0128:20170621122416j:image

フェイスタオルなんかも、ハンガーにかける。

それを一気に手に持って2階へ。

あとは、引っ掛けていくだけ。


f:id:soyokaze0128:20170621122555j:image

 
f:id:soyokaze0128:20170621122617j:image

 

この二畳の部屋は洗濯物でいっぱいになりますが、リビングも子供部屋も、寝室も、いわゆるよく利用するスペースには、洗濯物がない状態を作れるようになりました。

また突っ張り棒にかけることで、床はスッキリ。掃除機などもあてやすいです。

 

 

そして、この干し方にしてから気づいたのが、「高い位置に干した洗濯物は、よく乾く!」ということ。

 

確かに、暖かく乾燥した空気は上へ上がるのですから、床よりは天井に近い位置の方が乾きが早いのは当然ですよね。

 

うちの納戸では、冬場の洗濯物を夜干ししても、朝にはほぼ乾いていて、ビックリします。

ちなみに床に近い、廊下の空きスペースにある洗濯物は、乾いてないんですよ。

すごい違いに、最初は驚きました。

 

 

家の環境によっては難しいかもしれませんが、部屋を片付け物が減ると、思わんスペースが生まれ、違った活用法が見つかるかもしれませんよ!

そしてなるべく洗濯物は、高い位置に!

床も広く使えて、部屋全体の圧迫感も減りますよ!

 

我が家は梅雨の室内干しも、ストレスフリー✴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発達障害者の「特別な感覚」

 

暑い松山市です!

 

子供たちが帰ってきてから、今季初めてクーラー入れちゃいました!早っ!

 

でもうちのハンデっこララは、感覚過敏があるので、扇風機を嫌がるんです。

自然の風より扇風機の風の方が、不自然に皮膚に強く当たる感じがして、嫌みたいです。

ですから我が家は扇風機ありますが、ほぼ使いません。

 

暑さ寒さの感覚も少しズレていて、暑いは感じやすいですが、寒いは感じにくい。

夜、寝汗出るくらい室内が暑かったら、ララは夜中に「ぎゃ~~~!!」と、叫んで起きちゃうんですよ。

だから私は寒くてクーラーいらなくても、ララの安眠のためにはクーラー必要!

まだ家族が同じ寝室で寝てますから、ララの感覚過敏に合わせています。

 

自閉スペクトラム症の方たちには、雨粒が痛かったり、太陽光が痛かったり、撫でられただけでもパンチされたみたいな衝撃に感じる方もいます。

 

大変ですよね。そういう特別な感覚は、さすがに「その人」にしか分からないことだから、なるべく理解して、しんどくない環境作りにする!それが、お互いが心地よく過ごすコツですね。

 

 

ある知り合いのお子さま、感覚過敏が凄まじく、学校にも通えないそうです。

外に出ると、太陽光が眩しすぎて痛く、ちょっとした自然の風も痛いそうです。

味覚過敏や臭覚過敏も強いので、給食の臭い、味も全く無理。

聴覚過敏も強いので、沢山の児童の声も刺すように感じるそうです。だから入学以降、1度も出席したことがない。

全校児童が帰宅し、静まり返った放課後の学校に何回か来たことがあるそうですが、それが精一杯。

知的障害はないので、自分の現状はある程度理解している。

きっと、辛いと思う。

本人も、そして家族も・・。

 

 

そんな人たちがいることを、どれくらいの健常者が知っているんでしょうね?

 

 

先日NHKスペシャルで、発達障害者の特別な感覚について取り上げられていて、素直に嬉しかったです。

本当に、ただ「知ってほしい」!

今はまだ、その段階でもいいです。

 

 

 

だって「知って」もらえなかったら、その先もないでしょ?

 

 

でも「知って」もらえたら、きっと次が見えてくるでしょ・・

 


f:id:soyokaze0128:20170619171803j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心のゆとりと、時間の関係

 

こんにちは!

暑い松山市です。今日から子供たちはプール開きで、とても楽しかったようです。

もぅそんな季節がきたんだな~。

 

昨日、ララの水着が小さくなっていたので、新しい水着を買いに郊外のショッピングモールへ出掛けていました。

すると偶然、母親とバッタリ!

 

出掛けた先で、偶然母親と会うなんて経験なかったので、母と「こんなこと珍しいね~⤴」と盛り上がり、一緒に買い物やランチをしました。

 

 

私はよく行くショッピングモールですが、実家からは距離があるので、母は普段あまり来ることがない場所です。

なんでもパートの仕事が忙しく、精神的にイライラしてたから、気分転換をするため、わざわざやってきたそう。

 

なるほど・・(笑)

 

 

必要なことを済ませた頃に、母が

「お昼でも食べる?ララとキキのお迎えもあるんでしょ?」と話してきました。

 

時計を見ると11時半。

ショッピングモールを出るのは13時半です。

 

母、

「それは急がないと!あと2時間しかない!」

私、

「いやいや、まだ2時間もあるじゃない。もう少ししてから食べようよ。」

 

 

こんなやり取りをして、思わず笑ってしまいました。

 

母親にとっての2時間は、「あと2時間」。

私にとっての2時間は、「まだ2時間」。

 

この違いは、明らかに「心のゆとり度」。

 

二人が共有する時間は同じなのに、その感じ方には違いがある。面白いですね。

 

実は私も1年くらい前までは、母親と同じ「あと2時間派」でした(笑)。

 

しかし、ミニマムやシンプルライフに目覚め、大幅な断捨離を決行してから、少しずつ考え方が変わってきました。

 

いらない物たちと共に、心の中にたまっていた不要な過去や痛み、後悔や罪悪感など、ネガティブなものも捨てられました。

 

もちろん、全て綺麗に捨てられた訳ではありませんが、少なくとも1年前より、身も心も環境も・・軽く、ゆとりが生まれたのは事実です。

 

生まれ持った性格は、なかなか変えられるものではありませんが、物事を考えるときの思考回路は、何かをきっかけで変えることができると知りました。

 

 

私の場合、ミニマムとシンプルライフ

 

皆さまは・・?

 


f:id:soyokaze0128:20170615164353j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

努力は、お嫌い?

 

おはようございます❗

爽やかな松山市

我が家のアナベルたちも、綺麗に咲き始めました。
f:id:soyokaze0128:20170613101926j:image

 

三年くらい前に小さな苗で買ってきましたが、元気に育ち、たくさん花をつけてくれるようになりました。

 

初め植えた場所は、風通しの良い場所だったので、土が乾燥気味でした。おかげで花をつけなかったのです。

紫陽花類はお水が大好き!

少し湿った場所が良いだろうと、1番奥まった場所へ移動させたら、花をつけ始めました。

「適材適所」!

人間も、植物も、その人(植物)にあった場所に生きることで、その能力を最大限に活かすことができるんですね~⤴

 

 

我が家の息子キキ、幼稚園で書いた「おかあさんの絵」が、コンテストで入賞したそうで、賞状と景品を持って帰ってきました。

肝心の「絵」は幼稚園にあるらしく、私はまだ見れていません。早く見たいです(笑)

 

キキは「努力」とか「頑張る」とか「練習する」という言葉に過剰反応します。

とても嫌みたいです。

 

キキには「努力」の先にある「成功」とか、「達成感」みたいなものが見えないらしい。

 

確かに、キキはまだ5歳。

今までの成長において獲得してきたものは、努力というより・・ある程度生まれながらに備わっている遺伝的情報を、年齢と共に小出しにしてきた感覚でしょうかね。

 

努力しておっぱいが吸えるようになったわけではない。生まれたときから、吸えたのです。

運良く、歩けたり走れたりする体に生まれたから、二足歩行で生活してる。

(世の中、そうじゃない方だってたくさんいますね。)

 

しかしキキにも、生まれ持ったものだけで勝負できない年齢がやってきました。

 

早い子供さんなら、補助輪なしで自転車に乗れます。

泳げる子供さんもいる。

かけっこが早いとか、勉強ができるとか、英語が喋れるとか・・

 

眺めているとキリがないくらい、子供の能力は千差万別です。

 

キキは、そんなお友達を見て「うらやましい」気持ちが湧いているようです。

 

「キキにだってできるよ!自転車、練習してみたら?」

私がそう言うと、

「転ぶからヤダ。乗れているのはあの子だけ。まだ乗れない子もいるから、いい!」

そんな風に言います。

 

親ながらビックリ👀

私なんて羨ましかったら、即座に練習開始する性格だったので、「まだできない子がいる」を、やらない理由にするキキに、驚きを禁じ得ません!!

 

 

「努力」は長いトンネルです。

まだトンネルに入ったことがないキキには、トンネルには「必ず出口がある」こと、そして・・長ければ長いトンネルを抜けるほど、その先の景色が「美しい」こと・・、それを理解するには時間が必要みたい。

 

 

キキは元々お絵かき好きだから、絵の入賞は「達成感」とは違うもののようですが、「心を込めて、一生懸命書いた」から、誰かの目に留まったのだということ。

 

まずは、「目の前のことに一生懸命」。

それを伝えていきたいです。

そうすれば、知らない内にトンネルに入っている・・なんてことも・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨガと私と瞑想・・そして・・

 

毎日毎日、よほど体調が悪くない限り、ヨガをやるようになり、1年以上たちました。

 

ヨガとの出会いは、はるか前からですが、やったりやらなかったりの劣等生でした。

 

真面目にヨガと向かい合うようになると、体や思考に変化が現れる人もいるようですが、私も最近・・体が欲するものが変わってきたように感じます。

 

まず生野菜が欲しくなった。

私はあまり生野菜は好きではなく、料理のときも、火を通して食べる方が主流でしたが、何となく毎日サラダが食べたくなった。

 

次に、スナック菓子がイヤになってきた。

子供たちと一緒にボリボリよく食べてたんですが、な~んとなく、いらなくなってきた。

食べたら美味しいと感じますが、別に必要ない感じ。

 

そして、瞑想が完全に習慣化した。

瞑想も、以前は気が向いたらやっていましたが、今では毎日欠かさずやるようになりました。夜にヨガをして、そのあと瞑想。

頭の中がスッキリして、よく眠れます。

 

最後に、何故か「走りたい」欲求が出始めた!

これはスゴイことで、私は体育の授業も大嫌いなほど、運動嫌い❗

その私が、「走ろうか・・」と、思うなんて、死ぬまでないと思っていました。

しかし毎日、毎日、何故か「走ろうか・・」と、思ってしまう自分がいるので、今日、走ってみました❗

 

 

メチャクチャしんどい!!

しかし・・

もう二度とやりたくない~~~、みたいな感情は生まれませんでした。

不思議と。

 

私とジョギング・・

水と油みたいな関係が、変わるのでしょうか?

今後・・

 


f:id:soyokaze0128:20170608133721j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

衝撃のペンキ塗り

 

こんばんは🌃

松山は、明日から雨が降るそうです!

久しぶりの雨。うれしい⤴

 

先々週あたりから、暇ができたら庭の衝立のペンキ塗りをしています。

 


f:id:soyokaze0128:20170606184235j:image

 

元は買ってきたままの木の色でしたが、白にイメチェン🔃

 

学校や幼稚園が休みの日、ララやキキも塗りたがるので、やらせてみました。

 


f:id:soyokaze0128:20170606184644j:image

 

何とも言えない仕上がり・・(泣)

7歳と5歳の実力とはこんなもんでしょうか???

もう少し上手に塗れるかと期待してましたが・・(笑)

 

しかも集中力が非常に短いララは、すぐに飽きて別の場所をペイント!!

 


f:id:soyokaze0128:20170606184949j:image

 

キキの素早い報告により、この程度で済みましたが、危ない、危ない・・(汗)

キキよ、ありがとう❤

 

我が家は11月くらいから、向かいの建物やカーポートの影響で、全く1階に日差しが入らなくなります。

 

衝立を白にしたら、冬場、少しでも庭が明るく見えるかな~?と、期待してます✴

 

 

ある夜、夫が帰宅し、衝立を白にペイントしている話をしたら、

ん?白にしてるの?・・今まで何色だった??

と、衝撃発言!!

 

この衝立は、脱走癖が凄かったララを、なんとか敷地から出さないため、苦肉の策で私が設置したもの。

近くのホームセンターで、とりあえず買ってきて、早5年・・

 

5年もある衝立の色を、気にもとめてない夫のスゴさに感動すら覚えたワタシ!!

 

そりゃ、肩まであった髪をバッサリ、ショートカット✂にしても、しばらく気付かれない訳だ~⤴(笑)

 

2~3日して、「もしかして、切った??

と、言われたときの衝撃を思い出しました(笑)

「もしかしては」は、要らないくらい切ってたんですけどね(笑)

 

 

子供たちのペイント技術にも驚いたけど、それをはるかに上回る、夫の無頓着ぶりに、楽しく驚いちゃいました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アートは心の栄養

 

今日は美術館へ!

お城山を囲む堀を渡り・・・

 


f:id:soyokaze0128:20170605134755j:image

到着~~~

 


f:id:soyokaze0128:20170605134944j:image


f:id:soyokaze0128:20170605135003j:image

見たかった展示があったのです。

今日が最終日!ギリギリセーフ!

 


f:id:soyokaze0128:20170605135155j:image

 

アートとは、私にとって「栄養」です。

時代の古い新しい関係なく、卓越した方々の作品には、筆舌し難い「力」を感じます。

その「力」を、ありがたく頂いて帰る・・。

私とアートの関係とは、そんな感じです。

 


f:id:soyokaze0128:20170605135707j:image

 

美術館は、松山市中心部、城山公園にあります。50万都市ど真ん中が、オアシスみたいになってるのが、松山市の特徴です。

 


f:id:soyokaze0128:20170605135852j:image


f:id:soyokaze0128:20170605135921j:image


f:id:soyokaze0128:20170605135935j:image

 

勝山という山の上に、松山城や二ノ丸があります。私はこのアングルからのお城山が大好きです。

 


f:id:soyokaze0128:20170605140138j:image

 

美術館のカフェで、軽食食べて帰りました。

 


f:id:soyokaze0128:20170605140242j:image

 

気持ち良すぎる~~~~⤴

大好き、お城山!

 皆さまにも、プチ松山観光をお届け!

 

良い1週間にしましょうね🎵