ひとしずく

シンプルな暮らし 日々の小さな「ひとしずく」をつづります。

金銭トレーニング

 

先日ランチした友人Yさん。

私と同じハンデっ子ママさんです。

そのYさんからお借りした本。


f:id:soyokaze0128:20170217085251j:image

ハンデっ子を持つ親が、最も気がかりなのは、「親亡き後のハンデっ子の人生」。

 

ハンデがなくても、子供の行く末はずっと心配でしょうが、ハンデがある場合、一人で自立した生活が送れない可能性が高い。

何らかの支援を受けながらの、暮らしになるでしょう。

 

できない部分を支援してもらうのは、もちろん結構ですが、私は、「自分でできることを増やす」ことが、支援者との良好な関係作りに、重要だと思っています。

 

そんな中、とても重要なのが、金銭トレーニングです。

 

お金って、計算の仕方は習いますが、正しい予算軸で使う方法って、案外習わずに大人になっちゃったりしませんか?

 

特に知的障害を伴うハンデっ子の場合、はじめから一切金銭を握らせてもらえず、常に付き添いの人が出す・・、が、当たり前みたいになってます。

 

でも、それでいいんですかね?

 

将来、障害者就労支援施設での給料や、障害基礎年金など、もらう日がやってきます。

おそらく両方併せて10万前後くらいになるでしょうか・・。

 

せっかく頑張って手に入れた給料や年金を、右から左で、親や支援者に取られ、「はい、これで好きな物買いな~」と、微々たる小遣いを渡されて終わる・・。

 

なんか、悲しい。

私だったら、働く意欲を無くします。

 

現に、就労支援施設で仕事が長続きしないハンデさんの中には、「仕事のモチベーション」が得られず、引きこもる人もいるそうです。

 

誰でもそうですが、頑張って仕事する→お給料もらえる→好きなことに使ったり、将来のために貯蓄する→たまには奮発して使う・・みたいなことが嬉しくて、仕事頑張れるんですよね。

 

そんな当たり前を、ハンデっ子にも経験させてあげたい。

 

この手の話をすると、

「変に教えると、ガバガバ使い始めると困る」とか、

「知らない間に、色々買い物しちゃうかも」など、

直ぐにリスクを口にするママさんがいます。

 

でも、そんなことにならないために、しっかり親が勉強して、正しい金銭トレーニングをしていくのではないでしょうか?

 

親がやらない理由を、子供のハンデのせいにするのは間違っていると思います。

 

この本を貸してくれたYさんの子供は、重度の知的障害をもっています。

でもYさんは、あきらめません。

子供の可能性を信じて、コツコツ支援し続け、明らかに結果が出ています。

 

ハンデは、ただのハンデ。

できない訳ではありません。

「工夫」すれば、できるようになることは、たくさんあります。

 

子供の力。

そして、その子供を育てる、自分の力。

信じましょう!

 

 

 

類は友を呼ぶ

 

暖かな陽射しがいっぱいの、松山でした。

 

この1週間、予定続きでクタクタ(笑)

 

でも、ララ経由で仲良くなったママさんたちと、会う機会が多く、久しぶりにたくさんお喋りして、楽しかったです。

 

ララ経由ってことは、当然、皆さんハンデっ子ママさん!

 

ララは療育ができる幼稚園へ通いましたから、そこでのママたちとの出会いは、

「大変なのは自分だけじゃなかった!みんな悩みながら頑張ってる!私は一人じゃない!」

そう知ることができた、最初の場所であり、出会いでした。

 

一般の子育ても、各家庭で千差万別であるように、ハンデっ子の子育ても、まさに様々・・。

色々な考え方のママたちに、考えさせることも多いです。

 

当たり前ですが、あまり考え方が合わない方も、たくさんいました。

 

卒園してからでも、連絡を取り合って会うママさんは、ごくわずか。

でも、そのママさんたちは、たくさん議論したり、悩みを打ち明けあったり、ときには泣いたり・・。

そんな日々を経て、今も繋がる、ご縁です。

 

 

類は友を呼ぶ

 

たくさんの方に出会ったとしても、本当に自分と考え方や、生き方が合う人は、ほんの一握りです。

 

でもその一握りは、これからの私の人生になくてはならない、大切な一握りで、私はこういう人たちのことを、本当の意味で、「友」と呼ぶのではないかと、思います。

 

よき「友」との出会いに、感謝。

 

 

 

 

 

 

 

届いた結果!

 

天気のよい、松山。

 

1月にやってみた、「肥満遺伝子検査」、通称「DNA美容」の結果が届きました。

 

丁度私が容連菌に蝕まれ、ヒーヒー言ってた時に届きました(笑)

少し報告がおくれましたが、やはり遺伝子を知るって「面白い!」と思いました。

 

結論を言うと、私は「下半身が、太りやすく、脂肪で太るタイプ」でした。

ついでに「筋肉がつきにくいタイプ」の混合型でした。

 

このタイプは、食べないダイエットはNGで、今流行りの糖質を減らすダイエットも、向いてない。

また身体が冷えやすく、子宮周りに脂肪がつきやすいので、子宮関係の病気が発生しやすいそう。

 

ドキッ!

 

当たってる~。

 

まぁ、さすがに、40年付き合ってる身体ですから、大体こういう結果が出ることは想像できましたが、やはりきちんとした形で見ると、気が引き締まりますね!

 

これからは、油物は控え、下半身に筋力がつくようなスクワットや、ジョギング、ヨガなどで、健康維持につとめたいです。

 

「健康」って、人間の最大の関心事ですね。

 

ネットでも「健康」や「ダイエット」に関する検索数は計りしれません。

明らかにフェイクだな~!と、思うダイエットにも、たくさんの人が飛びつく!

 

人は基本的に、「楽」したい生き物なんですね。

楽して「痩せたい」

楽して「健康でいたい」

楽して「長生きしたい」

楽して「美しくいたい」

 

それ、叶うかなぁ~(笑)?

叶ったらいいですよね(笑)

 

ちなみに、私が介護職時代に出会ったお年寄りの方々。

「何だかんだで元気やな~」と、思う人達の共通項は・・

 

「ノーストレスな人!」

 

細かいことでクヨクヨせず、好きなこと言って、好きな生活して・・(笑)

そんな人たちは、元気でした(笑)

 

 

怪しいダイエットや、健康食品に頼らなくても、人間には自らの身体を良い状態に保つ力が、元々備わっている。

その力を狂わせるのが「ストレス」。

 

 

美容、健康の第一歩は、やはり「内観」、ということになりますね~。

 


f:id:soyokaze0128:20170208120904j:image

 

 

 

 

 

 

探究心の間口を広げる

 

ミニマリストの方々には、テレビはほどんど見ないとか、テレビを持っていないとか、そういう方がいらっしゃいますね。

私も決まった番組くらいしか見ません。

 

テレビを見ない方たちは、スマホやパソコン、新聞や雑誌類から情報を得るみたいですね。

 

ある評論家の言葉。

「最近の人たちは、自分の関心のあることだけを、ピンポイントで調べたり、閲覧する。そうすると、不特定多数の情報を得る機会が極端に減り、考え方や知識に偏りが生じる。テレビは、不特定多数の情報を届ける媒体なので、自分に必要、不要、関係なく、色々な情報を入手できる。」

 

なるほど。

確かにネットだと、自分の関心事項だけ閲覧しがち。興味のないことは、スルーします。

 

もちろん、テレビが本当に正しく、全てにおいてフェアな情報を流しているかと言えば、局によっても多少偏りがあります。

ただ、あまり関心のないことでも、「ん?今の何だ?」と、にわかに気になる情報を提供してくれ、そこから新しい興味に広がる経験があるのも、事実です。

 

 

最近、図書館へ行っても、自分が好きな分野の本ばかりを借りて、興味の幅が狭くなってる気がするんですよね。

 

40代。身の回りの物質は、少なくて構いませんが、人生の後半戦です。

知識や探究心、好奇心まで、ミニマムにする必要はないですね。

暮らしはシンプル。

でも、頭の中の「間口」は、広げていいんじゃないかな~。

 

久しぶりに、全く知らない分野の本も読んで見ようかな・・。

 

 

 

 

 

ハンデっ子の片づけ

 

私はミニマリストに開眼し、シンプルライフを満喫中ですが、子供たちは・・?

 

こちら、ララの部屋


f:id:soyokaze0128:20170203161241j:image


f:id:soyokaze0128:20170203161257j:image

ララはハンデっ子。軽度の知的障害もありす。

実年齢(生活年齢)は6歳ですが、発達年齢は4歳くらいでしょうか。4~6歳の子供にしては、片づいている方でしょう。

ちなみに、私は手出ししません。

 

ハンデっ子の片づけは、その子の特性にあった「工夫」が重要です。


世に言う「発達障害」にも種類があります。


f:id:soyokaze0128:20170203161637j:image

現代では「一つの障害」で、その人が構成されているわけではなく、いわゆる「スぺクトラム」~連続体~で構成されている、という考え方が主流です。

例えば、アスペルガーが主軸で、それにADHDやLDの要素も加わっている・・みたいな。

 

我が子にハンデがあると分かると、主軸になるハンデの勉強ばかりしがちですが、是非全てのハンデの勉強をお薦めします。

自分の子供を、多角的に捉えることができ、打つ手も増えます。

 

ララは視覚からの情報収集が強く、一度見たら、写真に撮ったように記憶します。

自分で創意工夫することはできないので、どこに片づけるかは、本人と話ながら一緒に決めますが、一度決めてしまったら、すぐ記憶するので、いつも同じ場所に片づけます。

これが、ララの特性です。

 

同じハンデっ子でも、違う特性もたくさんあります。

引き出しやクローゼットなど、見えない場所へ片づけると、分からなくなる子には、スケルトンタイプの収納や、棚などに、見える形で片づける方がいいでしょう。

 

物の場所を記憶に留めにくい子には、全ての場所にラベルを張って、物の場合を一目瞭然にしてあげる。

 

学習障害などで文字に難のある子には、絵や写真を張って知らせてあげれば、親切です。

(この方法は、知的障害などで、言葉や文字の理解に時間がかかるお子さんにも有効です)

 

大切なのは特性理解と、日々の「観察」です。

我が子をしっかり「観察」して、行動パターンを見抜きましょう!

 

 

私は、部屋を綺麗にすることを目標にしている訳ではありません。

重要なのは「主体的」に、動けるかどうかです。

 

ハンデがあると、支援者の言う通りに行動できたら💮!と、思われがちですが(昔はそうでした)、そんな考え古い!!時代錯誤です!

 

これからはハンデさんたちも「自分のことは自分で決める」時代です。(ハンデの軽い重いにかかわらず)

そう!ララの人生は、ララのもの!

 

重度のハンデっ子をもつ親御さんには、「将来はどうせ施設暮らしだから、別に何も教えないし、何もしなくていいと思ってる」

と言う意見を持つ方もいます。

 

考え方は様々ですが、私は「どこで暮らすか」ではなく、「どう暮らすか」の方が大切だと思っています。

 

ララが、ララらしい暮らしを送る。

今は、そのベース作りの最中なのです。

 

 

 

 

 

過去を手放す

 

自分の、ストレスがたまる法則を、ご存知ですか?

 

私は、ブーメラン型!

相手を攻撃しているつもりなのに、最終的には「こんなことを考える自分が悪い」と、投げたブーメランが自分に返ってくるがごとく、ストレスを得るのです。

 

子育てもしかり。

うまくいかないことを、もっと子供たちのせいにできたら、どんなに楽だったでしょう。

でも、できなかった。

何一つ思い通りにならない日々の中で、「うまくやれない自分」が、どんどん愚かで、惨めに思えました。

 

もう、ストレスでボロボロになり、限界に達していた私に、ある方からメッセージが届きました。

 

「過去を手放しなさい」

 

後生大事にため込んだ、失敗の過去や罪悪感を、全部・・手放してしまいなさい・・と。

 

「どうやって、手放すのですか?」と、聞くと・・

「手放すとは、手放すこと!それ以上、説明のしようがない!」

そう言われました。

 

そして・・

 

「もぅ、時間ですよ。もぅ、いいでしょう?」と・・

 

 

あぁ、そうか。私、もぅ、いいんだ。

もぅ、許されたんだ・・。

なんだか分からない涙が、ボタボタ出たのを、覚えています。

 

2年経ち、だいぶ過去を手放すことが、上手になってきたようです。

毎日、心が軽いから・・!

 

 

 

うちの「キキとララ」

 

寒いのも、飽きました(笑)

春よこい!

 

ブログ上で、子供たちの話をする際に、「何かいい愛称がほしいなぁ~」と、思っていました。

 

見つけた!

 


f:id:soyokaze0128:20170201173258j:image

 

「キキとララ」

 

キキとララは双子で、お姉ちゃんはララ、キキは弟だそうです。

 

うちも上の子が女の子で、下の子が男の子。

2歳違いなんですが、身長も体重も一緒なので、よく双子に間違われるんです。

 

ピッタリ~✴

 

と、言うことで・・これからブログ上では、ララちゃんと、キキくんで登場してもらいます!

 

ララは言語とコミュニケーションに難があるので、もっと二人が小さかった頃は、喧嘩ばかりで、私も神経をすり減らしていましたが、キキも最近5歳になり、コミュニケーション力もup!

 

ララ2割、キキ8割くらいで、互いに歩み寄ることで、何とか不思議な遊びを成立させたりしています!すごい成長!母、嬉し!

 

姉弟は斜めの関係・・なんていいますが、確かに微妙なバランスで絆を深めているようです。

 

キキは、「オレはララと結婚する!」と、言っております(笑)

好きなんだね~❤

 

ララは言葉では表現しにくいですが、キキのピンチには飛んできます!

優しいね~❤

 

私の素敵な天使たち

いつも、ありがとう❤