読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとしずく

シンプルな暮らし 日々の小さな「ひとしずく」をつづります。

おばあちゃんの花嫁箪笥

私の祖父母は太平洋戦争真っ只中で結婚しました。

竹槍訓練に参加していた若き祖母を、祖父の親族が見つけ、見合いを勧めたそうです。(すごい時代!竹槍訓練の出会い!)


祖父は手先が器用だったので、爆弾を製造する工場へ召集され、祖母は裁縫で生計を立てながら、終戦の日を待っていたそうです。




f:id:soyokaze0128:20161130132244j:plain


写真は、祖母の花嫁箪笥。


物のない時代に、花嫁箪笥をあつらえるのは大変だったと思います。
私は祖母が大好きだったので、この花嫁箪笥を譲り受けました。

茶道をやっている関係で、着物を持っています。和箪笥は、着物まわりの物を収納するのにも最適!



ミニマム生活になり、かなりの物を断捨離しました。そのお陰で、花嫁箪笥の中もスリムになりました。思いきって上段を空にし、1階のリビングへ移してきました。
(中段・下段は今まで通り、2階のクローゼットにはめ込んでいます)


家具用ワックスでつやつやに・・。

大好きな箪笥を、いつも眺められる場所へ持ってくることができて、大満足!


昔の箪笥は、手で運ぶことを前提に作られていますから、この花嫁箪笥のように、上段・中段・下段と、分割して使うこともできるんです。
古い箪笥ならでは!


これからも大切にしていきます。

この箪笥を磨いていると、大好きだった祖父母との「思い出」も磨いているような、幸せな気持ちになります。

私と祖父母の魂も、つやつやに・・。


ひとしずく」より。