読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとしずく

シンプルな暮らし 日々の小さな「ひとしずく」をつづります。

言葉の「表と裏」

言葉は諸刃の剣


使い方を誤ると、本来ポジティブな意味の言葉が、ネガティブに受け取られることがあります。


「片付け」も、その一つ。


大抵の子供は、親や先生の「片付けなさい!」を、あまり好意的に聞けていません。

面倒くさい
うるさい
やりたくない・・などなど、顔に書いてあります(笑)

でも私は、「片付け」はとても素晴らしい行いだと思っています。

きちんと片付けておけば、物を無くしたり、傷めることもありません。
見た目にも美しく、清潔です。


人に何かを伝えるとき、ポジティブ面に光をあてるか、ネガティブ面に光をあてるかで、相手の理解も変わります。


廊下を走らない!より、
廊下は歩いて下さい!の方が、やさしくて具体的です。

好き嫌いしない!より
何でも美味しく食べようね!の方が、食欲がわきます。



子供は大人より、言葉の「裏」の意味を理解する力が未熟です。


「片付けなさい!」の言葉の裏には、「物を粗末に扱わないで、大切にしてほしい!」という、意味が込められているはずです。

だったら、そう伝えてあげたほうが、良いと思います。



言葉の「裏」を「表」に・・

素敵なコミュニケーション、したいですね♪



f:id:soyokaze0128:20161206222015j:plain