読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとしずく

シンプルな暮らし 日々の小さな「ひとしずく」をつづります。

防災と収納

寒さも本番に・・

皆さま、お体ご自愛下さいね!



収納の中を整理しています。

リビングなど、見えるエリアはスッキリできましたが、収納の中は不十分でした。

雑然とし、美しさに欠けるbefore



f:id:soyokaze0128:20161214164756j:plain

そして、after



f:id:soyokaze0128:20161214164839j:plain


リビングでよく使う物や、本を収納しています。

3段ボックスを横にして、上下2段に重ねることで、A3サイズの本や書類も、真っ直ぐ立てて片付けられます。
ボックス上も、なにも置かないことで、作業スペースやバッグなどの仮置き場として使えるようになりました。


物を片付けるとき、最近は「防災」の観点を取り入れています。


私の家の立地は、津波の心配は無さそうですが、ゲリラ豪雨による水害は否定できません。
ですから、家・生命保険の証書や、アルバムなど、「最重要物」は、2階の納戸に片付けることにしました。

それ以外の物は、1階の収納に。



これだけ自然災害の多い国です。
家の中の片付け方にも、工夫が必要だと痛感します。

私の家には、背の高い家具はありませんし、寝室には何も置いていません。

高い棚への収納には、布製の入れ物を使用し、中身も比較的柔らかい物を入れています。(固めの物や重たい物は、低い位置に収納してます。)


キレイに片付いたら、空いたスペースに、防災グッズや水などをもっと備蓄する予定です。

ミニマリストさんの中には、「もしもの備え」はしない方もいるようですが、うちはまだ子供が小さく、ペットもいるので、避難所生活が難しいかもしれません。
やはり備えは必要です。


その土地ならではの災害の歴史や、昨今の自然災害の変化も、収納テーマやスタンスを決める際、参考にしてみるのも良いかもしれませんね。