ひとしずく

シンプルな暮らし 日々の小さな「ひとしずく」をつづります。

探究心の間口を広げる

 

ミニマリストの方々には、テレビはほどんど見ないとか、テレビを持っていないとか、そういう方がいらっしゃいますね。

私も決まった番組くらいしか見ません。

 

テレビを見ない方たちは、スマホやパソコン、新聞や雑誌類から情報を得るみたいですね。

 

ある評論家の言葉。

「最近の人たちは、自分の関心のあることだけを、ピンポイントで調べたり、閲覧する。そうすると、不特定多数の情報を得る機会が極端に減り、考え方や知識に偏りが生じる。テレビは、不特定多数の情報を届ける媒体なので、自分に必要、不要、関係なく、色々な情報を入手できる。」

 

なるほど。

確かにネットだと、自分の関心事項だけ閲覧しがち。興味のないことは、スルーします。

 

もちろん、テレビが本当に正しく、全てにおいてフェアな情報を流しているかと言えば、局によっても多少偏りがあります。

ただ、あまり関心のないことでも、「ん?今の何だ?」と、にわかに気になる情報を提供してくれ、そこから新しい興味に広がる経験があるのも、事実です。

 

 

最近、図書館へ行っても、自分が好きな分野の本ばかりを借りて、興味の幅が狭くなってる気がするんですよね。

 

40代。身の回りの物質は、少なくて構いませんが、人生の後半戦です。

知識や探究心、好奇心まで、ミニマムにする必要はないですね。

暮らしはシンプル。

でも、頭の中の「間口」は、広げていいんじゃないかな~。

 

久しぶりに、全く知らない分野の本も読んで見ようかな・・。