読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとしずく

シンプルな暮らし 日々の小さな「ひとしずく」をつづります。

シリーズ ~サークル活動~ ④

 

 

約10年前から発足したララの学校のサークル。ハンデっ子ママたちの、情報交換の場であり、憩いの場であったサークル。

 

そのサークルが、存続の危機に立たされているようです!

 

2月。

今年度最終のサークル。

思わぬ展開に、とりあえず新人の私は成り行きを見守る姿勢・・。

 

最大の危機要因は、現・サークル代表のAさんの事情。

聞けば、仕事やプライベートがごった返し、盆と正月はおろか、ゴールデンウィークまで一緒に来ちゃったみたいな忙しさで・・

とても今までのようにサークルに参加できそうもない。

代表も、荷が重い・・とのこと。

 

なるほど。

 

今後の存続には、引き継いでくれる人が欲しいけど、現在の在校生保護者は誰もサークルに参加していない。

 

 

実は2学期から、ララのクラスに転校生がやってきました。

ララと同じ一年生。

そのママが、この2月のサークルに初参加していました。Bさんです!

 

・・と言うわけで、サークルの存続は、在校生ママである私とBさん、Aさんの決断に、委ねられることになりました。

 

 

Aさん、Bさん、二人はどう思ってるんだろ???

 

私はまだ新人で、先輩ママたちとも、顔見知りになった程度。ただの「茶話会」なら、別に何がなんでも存続!って訳じゃない。

 

でも先輩ママたちは、せっかく立ち上げ、続けてきたサークルだから、なくなってしまうのは忍びない・・と思っているみたい。

 

とりあえず二人の出方を見守ることに・・

 

 

すると、Bさん

「そんぞくでぇ~⤴」と!

超明るく発言!

 

 

か、軽っ!!

 

初参加にして、いきなり存続と言えちゃう、Bさんの明るさと社交性に、脱帽!!

しかしBさん!ここで「存続」と言ってしまった場合、今後の展開がどうなるかお分かりかっ!?

 

 

ビックリしながらも、となりのAさんを見ると、Aさん苦渋の表情(笑)

 

だよね・・(笑)

 

Aさんの気持ちを代弁すると・・

「私はもぅ自分の暮らしでいっぱいいっぱい!

サークルにはほとんど参加できそうもない。

なのに存続と言うのは、あまりにも無責任ではないか。

しかし先輩ママたちが頑張って続けてきたサークルを、自分の忙しさを理由に解散するのは、あまりにも申し訳ない!

続けたいというより、続けなきゃいけないのではないか・・」

 

みたいな・・(笑)?

 

 

 

ありゃりゃ~

じゃ、私はどうする?

皆さんの視線が私に向く・・(笑)