ひとしずく

シンプルな暮らし 日々の小さな「ひとしずく」をつづります。

洗濯物は、高く、高~~~く!

 

こんにちは!

松山市は昨夜から雨でしたが、今はやんで少しムシムシします。

 

この雨を皮切りに、梅雨本番になるようです。

 

雨続きで困るのは、洗濯物だと思います。

この時期になると、情報番組でも洗濯物を取り上げることが多いですね。

 

私は断捨離した際、本棚のような比較的大型の家具も、全て処分しました。

もともと建てた際に備え付けられていた収納スペースだけで、今は生活できています。

 

以前から私は、室内干しや、それに使う洗濯用品が好きではありませんでした。


f:id:soyokaze0128:20170621124003j:image

 こういう感じの!

すごく使いやすいし、たくさん干せるし、便利なんですけど、場所を取る。

 

家の中の片付けが大体出来上がったとき、1番考えたのが「室内の干場をつくる」こと!

 

目をつけたのが、二階。

まず1ヶ所目・・

廊下突き当たりにある、ビミョーな空きスペース。

そして2ヶ所目・・

二畳ほどの納戸。

この2つのスペースに、室内干しをすることにしました。

 

廊下の突き当たりには、洗濯用品を設置。
f:id:soyokaze0128:20170621120206j:image

もともと持っていたルームランドリースタンド。いらない部分を取り外し、なんとか幅をタイトにしてはめ込みました。

ランドリースタンドが、空きスペースにピッタリ収まり、洗濯物を干しても圧迫感なく、廊下を歩く際にも邪魔になりません。


f:id:soyokaze0128:20170621121013j:image

 

次に、納戸。

もちろんたくさん物がありましたが、全て撤去したのでスッキリ。

あるのは、夫から捨てないよう言われている大量のCDが入った3段BOXと、机のみ。


f:id:soyokaze0128:20170621121234j:image

 

そこへ、突っ張り棒を渡しました。


f:id:soyokaze0128:20170621121514j:image
f:id:soyokaze0128:20170621121528j:image

 

窓枠~ドア枠へ。


f:id:soyokaze0128:20170621121606j:image

 

洗濯物は重たいですから、突っ張り棒の力だけでは、維持できません。

うちは窓枠とドア枠が同じ高さでしたから、その枠に乗せる感じで設置。

 

 

すると、「高い」のです。

私は身長154センチ。バスタオルなどは、踏み台にのらないと干せません。

なので干し方も変えました。

以前はぶら下がっている洗濯用品に、1枚1枚洗濯物を干していましたが、それではいちいち踏み台を上り下りしなくてはならず、面倒臭い!!

 


f:id:soyokaze0128:20170621122235j:image

クリーニングした後についてくる無料ハンガーに、全ての洗濯物を通しておく。


f:id:soyokaze0128:20170621122416j:image

フェイスタオルなんかも、ハンガーにかける。

それを一気に手に持って2階へ。

あとは、引っ掛けていくだけ。


f:id:soyokaze0128:20170621122555j:image

 
f:id:soyokaze0128:20170621122617j:image

 

この二畳の部屋は洗濯物でいっぱいになりますが、リビングも子供部屋も、寝室も、いわゆるよく利用するスペースには、洗濯物がない状態を作れるようになりました。

また突っ張り棒にかけることで、床はスッキリ。掃除機などもあてやすいです。

 

 

そして、この干し方にしてから気づいたのが、「高い位置に干した洗濯物は、よく乾く!」ということ。

 

確かに、暖かく乾燥した空気は上へ上がるのですから、床よりは天井に近い位置の方が乾きが早いのは当然ですよね。

 

うちの納戸では、冬場の洗濯物を夜干ししても、朝にはほぼ乾いていて、ビックリします。

ちなみに床に近い、廊下の空きスペースにある洗濯物は、乾いてないんですよ。

すごい違いに、最初は驚きました。

 

 

家の環境によっては難しいかもしれませんが、部屋を片付け物が減ると、思わんスペースが生まれ、違った活用法が見つかるかもしれませんよ!

そしてなるべく洗濯物は、高い位置に!

床も広く使えて、部屋全体の圧迫感も減りますよ!

 

我が家は梅雨の室内干しも、ストレスフリー✴