ひとしずく

シンプルな暮らし 日々の小さな「ひとしずく」をつづります。

ミニマムと食洗機

 

こんばんは!

 

最近、改めて普段使っている食器やカトラリー類を見直しています。

 

家族四人の生活なら、もっと減らせるはず・・と考えているのですが、なかなか上手くいきません。

 

何故もう少し思いきって減らせないのか考えた時に、我が家の「食洗機」の存在が大きいことに気づきました。

 

 

食洗機は、家を建てた段階でシステムキッチンについていました。

ついていると、「使いたくなる」もの!

 

ただ、何度も使うと電気代がもったいないので、電気代が安くなる深夜帯に一回だけ使うようにしています。

 

食洗機を使うなら、なるべくたくさん入れたい!!

朝食や昼食に使用した食器。あわよくば夕食も・・(笑)

どうせ電気や水を使うなら、無駄なく使いたいです。

 

 

使った食器を洗わずにポイッと食洗機に入れるので、当然また次の食器が必要になる。

 

そう・・。食器の数が減らないのは、食洗機をフル活用したい欲求が邪魔をしていたのです。

 

学生時代からの友人は、ご主人のワイシャツのアイロンがけが大嫌いで、常にクリーニングに出しているそうです。

ある程度たまってから出すし、急な出張にも備えて、常に20枚以上のワイシャツがクローゼットを占領しているそう。

 

 

小まめに洗えば、物は少なくてすむのです。

 

食器も、そう!

 

・・ということで、まずカトラリー類から減らしてみることにしました。

 

スプーンやフォーク類は、子供たちがまだ箸を巧く使えないので、必然的に数が多いのです。

落としたりもしますから代えが必要で、かなりの数あったのですが、「面倒くさがらず、洗う!」と誓いを立てて、手放しました。

 

 

そして「洗う」という意思を持続させるために、「木製のカトラリー」に変えました。

木製なら、食洗機には入れられませんから。


f:id:soyokaze0128:20170710191020j:image

 

今までのカトラリー入れは、だいぶスッキリ!


f:id:soyokaze0128:20170710191147j:image

 

恐らく「使ったら、洗う」という、当たり前のプロセスを励行し、食洗機を使わない生活に変えられれば、食器ももっと減らせるでしょう。

 

しかし・・

せっかく(食洗機が)あるのに・・

という気持ちが、まだ抜けないので(笑)・・

 

少しずつ!

少しずつ!      です(笑)